心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事

養成学校の特徴

婦人

臨床経験も積めます

柔道整復師になるには、養成学校で所定のカリキュラムを学んで、単位を獲得しなければなりません。そうした柔道整復師の養成学校は、専門学校と大学の2つから選択できます。このうち選ばれることが多いのは、専門学校で学ぶことです。専門学校で学んだ場合には、3年間で卒業して国家試験に合格すれば、柔道整復師の資格を貰えます。しかも授業の時間が、午前か午後だけといった、1日のうちの半分程度が大半です。そのため専門学校では、働きながら学ぶことが多くなっています。例えば午後からの授業であれば、午前中は勤務することができます。その際に医療機関に勤務していれば、臨床経験を積むことも可能です。こうしたメリットがあるために、専門学校は大学よりも人気になっています。

大学のメリット

ただし大学の場合には、専門学校にはないメリットが存在することを忘れてなりません。まず大学を卒業すると、学士の資格を得られますから、社会的な信用が高まります。また大学の前半で学ぶ一般教養のなかで、心理学などを本格的に学ぶこともできます。現在の日本人は、社会が高度になったことで、心の病を患うことが珍しくありません。例えば高齢者であれば、半分近くがうつ病の傾向があるとすら言われているほどです。さらに柔道整復師の資格を取得してから、さらに1年間大学で学ぶシステムです。この資格を取得してからの1年間で、論文を作成するための研究を行います。論文を作成する研究を行うには、かなりの知識や技術が求められますから、その中で能力も向上します。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事 All Rights Reserved.