心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事

メリット

勉強

求められる能力

うつ病などの精神疾患に悩む方が増えている今日では、精神科や心療内科とともに心理カウンセラーの需要も高まっています。一般的に精神疾患の治療を行える資格を持った心理カウンセラーは「臨床心理士」と呼ばれ、所定の条件を満たすことでライセンスを取得できます。臨床心理士の資格を取ることが他の心理士の資格とどのように異なるのかをしっかり理解する必要があります。また、資格以外にどのようなスキルが求められるかも重要なポイントとなります。心理学の基礎知識を理解したことを証明する資格に「認定心理士」と呼ばれるものがあり、この資格は大学の心理学部などで学び、試験に合格されると授与されます。また、最近広まりつつありセラピー系の心理カウンセラーの資格は、学歴に関わらずセミナーを受講して試験を受けて取得できるものが多いです。これらのライセンスは精神疾患の治療に直接携わることができませんが、臨床心理士の場合は大学院で研究を行い、実習や試験を経てライセンスを取得すると実際の治療を行うことができます。次に、ライセンス取得後に心理カウンセラーとして医療機関に勤める際に求められるスキルとしては、基礎的な知識を応用できること、客観的な視点を保てることが挙げられます。心理カウンセラーはただ患者の話を聞いてアドバイスをするのではなく、基礎知識に基づいて最適な心理療法を選択することが求められます。そのためには、患者の気持ちに共感を示しながらも客観的な視点で患者を取り巻く状況や症状を見極める必要があることも把握しておきましょう。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事 All Rights Reserved.