心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事

計画をたてる

メンズ

公認心理師を知る

心理カウンセラーはカウンセリングを行い、深刻な悩みを共に解決する心の専門家でありますが、実際、どのような教育を受け、どのような資格を取得したらなれるのかはあまり知られていません。現代の日本では、心理カウンセラーと名乗るのに必要な資格はありません。しかし近い将来では、公認心理師という国家資格が誕生するといわれています。そのため、将来的に心理カウンセラーになるためには、公認心理師資格を取得するのが望ましいでしょう。それまでは公認心理師という資格は存在していないため、その前身となる臨床心理士資格を取得することが望ましいと言えるでしょう。実際、臨床心理士は心理カウンセラーを名乗る専門家の中では最も信頼の置かれている職種であります。臨床心理士になるには指定大学院に行き、必要科目を履修し、修士論文を提出する必要があります。そして、卒業後に初めて受験資格を得ますが、それに合格して初めて臨床心理士となれます。臨床心理士が心理カウンセラーとして活躍する場は精神科病院は勿論、学校や司法矯正機関等、多岐に渡ります。勿論、個人で心理カウンセラーとして活躍する人も多くいますが、臨床心理士となることで心理カウンセラーとして活躍する場は広がります。しかし、約1年ないし2年後には公認心理師資格が誕生し、それ以外の資格は心理カウンセラーと名乗れなくなる可能性もあるため、心理カウンセラーを目指すのなら公認心理師とはどのようなものかについて調べておくと良いでしょう。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事 All Rights Reserved.