心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事

婦人

養成学校の特徴

柔道整復師になるための教育が受けられるところはたくさんあります。例えば、専門学校や大学です。どちらにも特徴があるので、教育を受ける場合は自分に適している方を選びましょう。

詳しく見る

ウーマン

看護師になりたいなら

看護師のニーズが高いため、返還を前提とした一般的な奨学金と異なり、指定された医療機関に就職し、定められた期間において勤続すれば、返還が免除される病院奨学金の制度があります。この制度の情報を正しく把握して、このメリットを生かしましょう。

詳しく見る

ナース

医療系の学校への進学

看護学校や医療系学校では、国家試験に合格するために、継続した勉強を粘り強く行える人材を求めています。専門職ですから、それにふさわしい知識と技術が要求されます。意欲ある人材が求められています。受験については、学科試験の勉強は言うまでもなく、面接試験もしっかりした姿勢で挑んでいくことが大切です。

詳しく見る

診断

心理学を学ぶ

日本には沢山の仕事があり資格があります。最近人気の仕事が行政書士と心理学を使うカウンセラーです。カウンセラーは相手の心を観ることで相手の心の病などを治す事が出来ます。

詳しく見る

相談

勉強をする

心理カウンセラーになるためには、必ず存在する資格を有しなければいけないというわけではありません。しかし今後は国家資格が誕生するのでスキルを身につけ、資格を取得することで活動が可能となります。必要となるスキルは心理臨床で、カウンセリング法も学んでいきます。

詳しく見る

メンズ

計画をたてる

心理カウンセラーになるには臨床心理士資格を取得するのが望ましいですが、数年後には公認心理師資格が誕生するため、公認心理師以外は心理カウンセラーを名乗れなくなる可能性があります。そのため、事前に公認心理師について内容を調べ把握しておきましょう。

詳しく見る

カウンセリング

学校で勉強

心理カウンセラーを目指すために心理学関連の資格取得を目指すのであれば、セミナーや学校などでカウンセリングの実習を行ない、受けることが望ましいといいます。実習を受けることでカウンセリングの失敗を軽減させることができるからです。

詳しく見る

カウンセリング

心の悩み

人は様々な心身の悩みを抱えて生きています。悩みを解決するためには、心理カウンセラーの力が必要です。心理カウンセラーになるには、勉強期間を経て、資格を取得する必要があります。

詳しく見る

勉強

メリット

臨床心理士と呼ばれる心理カウンセラーの資格は、大学院での研究や実習、試験を経て取得できるものです。実際に心理カウンセラーとして活躍する際には、得た知識に基づいて客観的に正しい心理療法を選べる力が求められます。

詳しく見る

ウーマン

資格取得の取り組み

医療関係の仕事の中でも心理カウンセラーが最近人気です。心理カウンセラーとは悩みを抱えている人の話を聞いてサポートする専門家のことです。資格は必須ではありませんが、専門学校で勉強して取得できる資格も多く、専門学校でスキルを身につけて心理カウンセラーになる人も増えています。

詳しく見る

女性

難関資格を取得

大阪医専大学では医療知識を身につけることができ、カリキュラムの中にはグループ授業なども含まれています。それぞれの学部の専門家が集まることで、より実践的な授業を行うことができるのです。もちろん資格取得に向けて勉強することもできます。

詳しく見る

心のプロになるために

カウンセリング

心のプロの情報

うつ病などの精神疾患を抱える人々の増加や、ストレス社会の増大に伴って、心理カウンセラーの需要が高まってきました。心理カウンセラーには臨床心理士の資格と、その他の資格に大きく分けられます。臨床心理士は、病院などで心理療法を行っている、いわゆる一般的にイメージされる心理カウンセラーのことです。資格を持っていればクリニックなどで働くことができますが、現在では国家資格ではありません。指定の大学院を受け、試験を突破することで臨床心理カウンセラーの資格を取ることができます。その他の資格は、心理学にも様々な流派や形態があり、それらを医療だけでなく、日常生活にも取り入れようという動きのもとに設立されたものが多くあります。指定の大学院を受けて試験を突破する必要のある資格もあれば、通信講座を受講して試験に合格することで資格が取得できるものもあり、多様化しているのが現状です。

心の専門職の今後

臨床心理カウンセラーの特徴的な動きとして、国家資格化が挙げられます。国家資格が必要な職業と言えば、医師や看護師、マッサージ師や柔道整復師など身体に関わる職業が挙げられます。以前から臨床心理士を国家資格にしようという動きはありましたが、近年の心の病を抱える患者の増加に伴って、その動きがより活発化しています。実際に政治の面でも動きが起こってきており、今後は臨床心理カウンセラーが医師や看護師と同じ立場の資格で働けるようになることが考えられます。また、その他の心理カウンセラーの種類も資格取得者を増やし、より一層体系的に心理学をまとめて、多くの人々の日常生活に活かしてもらおうという動きがあります。現在は臨床心理とその他の心理学はあまり深く繋がりはありませんが、今後はこれらが融合し、さらに質の高いカウンセリング技術が研究されていくと予想できます。また、臨床福祉の仕事は心理カウンセラー以外にも多数存在し、発声や発音がうまく行なえず言語や聴覚に障害をもつ方のサポートを行なう言語聴覚士も挙げられます。言語聴覚士になるには国家資格が必須となっているため、専門学校に通って資格取得を目指すと良いでしょう。

Copyright© 2017 心理カウンセラーの資格をGET|心の支えになる仕事 All Rights Reserved.